スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

規約

笛の盆実行委員会規約
第1章 総則

(名称)
 第1条 この会は、笛の盆実行委員会(以下「委員会」という。)と称する。
        
(目的)
 第2条 委員会は,市民が互いに協力し、行政と対等の立場で協働し、新城市のまちづくりに貢献することを目的とする。

(事務所)
 第3条 委員会の事務所は杉山字前野16-2に置く。

(事業)
 第4条 第2条の目的を達成するために次の事業を行う。
  (1)まちづくりイベント 「笛の盆」の実施をめざす。
  (2)「笛の盆」実現のために、市民・企業・行政等との協働による市民活動事業。
  (3)その他目的達成に必要な事業

第2章 会員及び会費

(会員)
 第5条 会員・賛助会員は、委員会の趣旨に賛同するものにより構成する。居住地は、新城市内外を問わない。
 
(入会)
 第6条 入会を希望する市民は、入会申込書を提出し、規約の承認を得て会員となることができる。

(会費)
 第7条 会員・賛助会員は、会費を納めなければならない。                              
2. 会員は3000円/年、賛助会員は2000円/口(1口以上)。

第3章 会議
(会議)
 第8条 会議は、会長が招集する。
  2. 前項の会議は、 総会及び役員会とする。
  3. 会議は、第4条に掲げる事項を審議する。
  4. 会議は、会長が必要と認めたときに開催することができる。
    また、会員の過半数の要請があったときは、会長は会議を開催しなければならない。

(議案)
 第9条 次の事項は、総会の議決を得なければならない。
  (1) 予算の承認
  (2) 役員の選出
  (3) 決算の承認
  (4) その他第11条に規定する役員会で議決が必要と認めた事項

(議決権及び議決)
 第10条 総会における議決権は、1会員につき1票とする。賛助会員に、議決権を付与しない。          2. 会議の議事は、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(役員会)
 第11条 会長は、必要に応じて役員会を招集することができる。
  2. 役員会は、第13条に規定する役員で構成する。

第4章 役員

(役員)
 第12条 委員会に次の役員をおく。
  (1) 会長 1名
  (2) 副会長    3名以内
  (3) 監事     2名以内
  (4) 理事     10名以内

(役員の選出)
 第13条 役員は、会員の中から総会にて選出する。

(役員の任期)
 第14条 役員の任期は1年とする。
  2 役員が欠けるなどして年度途中で選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
  3 任期満了後の役員は、後任者が選任されるまでは、その職務を行うものとする。

第5章 活動資金及び会計

(活動資金)
 第15条 委員会の活動資金は、次に掲げるものをもって構成する。
  (1) 会費
  (2) 寄付金
  (3) 事業に伴う収入
  (4) その他の収入

(事業年度)
 第16条 協議会の事業年度は、4月1日より3月31日までとする。

 第6章 その他

(規約の改廃)
 第17条 規約の改廃は、総会における決議によって行う。

(その他)
 第18条 この規約に定めのない事項については、役員会において協議する。

附 則

この会則は、平成20年4月1日から施行する。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
笛の盆とは?

新城笛の盆実行委員会

Author:新城笛の盆実行委員会
新城を元気にするのは、次世代のために頑張るあなたです。

最新記事
カテゴリ
2012野田城伝
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。