スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後1年で新東名開通

新東名開通に向けて、新城市も慌しくなってきました。道の駅をIC出入り口付近に計画していますが、道の駅を建設して、新城市の何を変えようとしているか見えてきません。ICができれば、観光客が降りてくる、絶好のチャンスがやってきた、とら狸に期待を寄せるだけです。観光客を引き付けるだけの魅力づくりを怠り、風に期待するだけの市政では、新城市は何も変わらず、道の駅の経営に四苦八苦するだけになるでしょう。市民がやってみたいと思えるようなビジョンを示して欲しいものです。
スポンサーサイト

古民家再生

 鳳来寺表参道にある、築200数十年の古民家を借りることができました。鳳来寺の石段の手前500メートル程度のところに建っています。昨年の年末、所有者の方と連絡を取ることができ(僕の仲間の親戚の方でした)、何度か打合せを行い、一部住居、一部お店という方向で借りることになりました。所有者の方は、できたら古民家として守りたいという気持ちを持っておられ、こちらも古民家として守ってこそ、鳳来寺表参道の価値を高めることができると思っていました。両者の思いが一致しての合意でした。今後、住居としての使える最低限の改修を行い、その後居住者を中心に古民家全体の改修を進めていきます。「表参道に丸山邸あり」と言われるように、頑張って改修を行います。乞うご期待。

あけましておめでとうございます

年末から年始にかけての動きを紹介させてもらいます。
12/27 野田城址に門松設置。「笛の盆実行委員会」のメンバーの手作りです。
12/30 野田城址での初詣の準備。
12/31 午後11時から、初詣参拝客への接待準備。
1/1   午前2時頃接待終了。午後2時からテントなどを片付け、初詣対応終了。
1/3   鳳来寺の表参道の築200年程度の古民家見学。今年は、この古民家の維持管理に取り組みたいと考え、所      有者の協力で内部の見学ができました。
1/3   鳳来寺本堂前の田楽堂での「鳳来寺田楽」を見学。

今年も、歴史を活かしたまちづくりに取り組んでいきます。古民家再生に取り組むようになりましたら、状況をお知らせします。
プロフィール
笛の盆とは?

新城笛の盆実行委員会

Author:新城笛の盆実行委員会
新城を元気にするのは、次世代のために頑張るあなたです。

最新記事
カテゴリ
2012野田城伝
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。