スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笛の盆とは?

 笛の盆実行委員会を立ち上げて約7年が過ぎます。きっかけは、名古屋から笛の師匠「松田 仁」さんが、新城に移り住むようになったことです。

 松田さん曰く、

「新城は、狭い範囲に歴史、自然など素晴らしい資源が凝縮されている。資源の生かし方次第で新城は観光の全国区になる。新城市民が資源の活かし方に気づけば、全国から人を呼べる。まずやるべきことは、現時点でも全国区の資源の長篠・設楽原の戦を前面に出すこと。点の観光ではなく線に面に広げること。そのための仕掛けは、2年前に戦われた野田城の戦いと長篠・設楽原の戦いをつなぐ必要がある。野田城の戦いでは、笛の音に聞きほれた信玄が、火縄銃でうたれたという言い伝えがあり、この時の鉄砲傷がもとで、京都上洛の夢が絶たれ、その2年後の長篠・設楽原の戦いで、信玄の息子「勝頼」が大敗し、一気にに信長・家康時代に大きく動いた。非常に歴史ロマンがある。笛をキーワードにお祭りを考えたい。設楽が原から、野田城までの伊那街道を笛部隊と踊り部隊を組み、練り歩く鎮魂のお祭りができれば、全国に大きな情報発信となる。伊那街道の骨格はいまも残っており、笛の言い伝えも残っている。無かったものを作るのではなく、あったものを活かす事であり、新城市民へのインパクトも大きい取り組みとなる」

ということでありました。この考えをもとに、「笛の盆」という企画が提案されました。

 「笛の盆」実施を当面の目標として、活動する組織が「笛の盆実行委員会」です。代表を白井倫啓(090-1290-2224)が務めます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました

趣味で、お城を見学しているものです。先日、野田城を訪れました。すると、「伊奈街道 笛の盆」という幟がたっていました。なんだろうと思っていましたが、このサイトを拝見させていただき、笛の盆の意味が分かりました。ありがとうございました。
プロフィール
笛の盆とは?

新城笛の盆実行委員会

Author:新城笛の盆実行委員会
新城を元気にするのは、次世代のために頑張るあなたです。

最新記事
カテゴリ
2012野田城伝
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。